JPY ¥880
「嫌いな親」を介護できるか? 暴力、暴言、過干渉、きょうだい差別……自分を傷つけた親が老いたとき、あなたの人生はどうなるのか──。児童虐待やDV、パワハラなど、身体的・精神的な暴力への関心が高まっている。親子関係においても、幼少期に親から身体的・精神的暴力を受けてきた人は少なくない。そうした「毒親」の問題が近年、テレビや新聞でも指摘されるようになっている。子どもが成人して独立すれば、そうした「毒親」から逃れることもできるが、その親に介護が必要になったとき、子どもは再び親と向き合わなくてはならなくなる。親への責任感の一方で、積年の憎しみや嫌悪は簡単にはぬぐいきれない。様々な葛藤を抱えながら介護をすることになっても、「毒親」はそう簡単には変わらない。老いてますます尊大、横暴になったり、経済的にも子どもに依存し、子どもの生活を破壊しかねない親もいる。本書は、「毒親」との関係に悩む人たちの生々しい声を紹介し、その実態や心の内に迫る。介護の経済的負担や認知症への対処、介護をする側の夫婦間、兄弟間の考え方の違いから生じるトラブルなど、「毒親介護」の様々な事例をルポする。また、専門家によるアドバイスや具体的な対応策なども探り、「毒親介護」の中に希望を見出すための処方箋も提示する。  BOOK☆WALKER

JPY ¥439
さっと読めるミニ書籍です(文章量20,000文字以上 24,000文字未満(20分で読めるシリーズ))【書籍説明】高齢化がすすみ、超高齢化社会となった現代。多くの人の生活に関わってくる「親の介護問題」「自分を育ててくれた親の介護を子どもがするのは当然」「こどもの世話にはならないって本人も言っている、頃合いをみて施設に入れればいいよ」どちらも、事前に用意しておかないと大変な思いをすることになります。親が言う「ぽっくり死ぬから大丈夫だよ」はなんの根拠もありません。元気だった親が急に倒れたり、転んだりして入院します。入院中はすべて病院がやってくれます。問題は、その後です。今まで通りの生活に戻れなくても、いつまでも病院にいることはできません。さあ、どこで、だれが面倒をみるのか…?入院するという節目がない場合もあります。目が悪くなり、耳が遠くなり、痛いところが増えて外出が減り、筋力が落ち、身体機能的な老化がすすみます。気が付いたときには、ゴミ捨てに行けなくてゴミ屋敷になっていることもあります。そして、物忘れが多くなり、判断力が下がり、認知機能的な老化もすすみます。このように介護は急にはじまったり、いつの間にかはじまったりします。「いつはじまるか」は事前には分からないのです。そして、その方が亡くなるまで続くため、「いつ終わるか」も分かりません。大変な話ばかりしてしまいましたが、準備さえしておけば、急に介護がはじまったときに誰も困ることなく、大きな負担なく、介護をすることができます。本書では、できれば「家で親の介護をしたい」と考えている方、「これから親の介護がはじまる」という方へ。介護が「問題」になって困らないようにする「準備」や「はじめにしてほしいこと」をお伝えしたいと思います。【著者紹介】ちよいよ1986年 埼玉県生まれ。介護士として有料老人ホーム、デイサービスで勤務した後、看護師専門学校へ入学し正看護師の資格取得。大学病院のがん病棟で勤務。総合病院の回復期リハビリテーション病棟で勤務。現在は訪問看護ステーションにて訪問看護として勤務中。  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,650
肉体的にも、精神的にも、経済的にも共倒れしない!大介護時代を乗り切る、待望の第3版!ある日突然、親が入院! あっという間に退院、そして介護!?「介護」は急にやって来ますが、「情報収集」と「自己申告」が基本なので、自分から動かなければ事態は何も進みません。本書では、「親の入院・介護」に必要な知識を「短期的戦略→中期的戦略→長期的戦略」と時系列に分けてわかりやすく紹介。制度の仕組みや手続き、サービスや施設の種類や費用、専門職とのやりとり、家族の役割分担、仕事や子育てとの両立……「いま知りたいことが、すぐに読める」「次に何をやるべきかがわかった」など、忙しい中で介護に追われる方々から好評を得ています。第3版では、最新の法制度に対応するとともに「顔も見たくない親の介護」「きょうだいリスク」「親の介護は子の義務?」「ヤングケアラー」など昨今の事象についても取り上げています。介護をマネジメントして、自分の心や生活を守るための知識が詰まった1冊です。【初版・第2版の読者の声】「一人暮らしの親が倒れたときに、知りたいことがすぐに読めて助かった」「今後に備えて、制度の仕組みや手続きを一通り知ることができた」「お金の話が具体的で参考になった」 など【目次】第1章 突然、そのときは来た!―短期的戦略―第2章 退院は「介護」の始まり―中期的戦略―第3章 親の「入院・介護」と自分の生活を両立する―中・長期的戦略―第4章 「介護」に必要なコミュニケーション力―中・長期的戦略―第5章 「介護」にかかる「お金」で損をするな!―中・長期的戦略―第6章 「施設介護」も選択肢に!―長期的戦略―【著者紹介】太田 差惠子(おおた・さえこ)介護・暮らしジャーナリスト京都市生まれ。1993年頃より老親介護の現場を取材。取材活動より得た豊富な事例をもとに、「遠距離介護」「仕事と介護の両立」「介護とお金」などの視点でさまざまなメディアを通して情報を発信する。企業、組合、行政での講演実績も多数。AFP(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定)資格も持つ。1996年、親世代と離れて暮らす子世代の情報交換の場として「離れて暮らす親のケアを考える会パオッコ」を立ち上げ、2005年に法人化。現理事長。※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,760
誰もが直面する親の介護問題。福岡県久留米市の地域包括支援センターを統括するベテラン医師が親の介護にまつわるさまざまな不安・悩みを解消。要介護・要支援認定、介護保険制度、介護サービス…。いざというときに慌てないために正しい介護の知識を身につける。  セブンネットショッピング

JPY ¥330
「まだまだ親は元気だし、介護の心配はない」──。そう考える子は多いだろう。しかし、介護は突然やって来る。いざ介護が始まれば、「誰が面倒を見るのか」「費用は誰が負担するのか」「どこで介護をするのか」など、さまざまな問題で親族がもめるケースは多い。事前の準備や心構えができていれば、将来“その時”が来ても、「何をしたらいいのかわからない」という事態は避けられる。まずは、しっかり親を観察し、介護の話をするところから始めよう。『週刊ダイヤモンド』(2013年12月14日号)の第1特集を電子化したものです。雑誌のほかのコンテンツは含まれません。*本誌の電子版も販売しています(最新号は毎週月曜日配信)。詳しくは「週刊ダイヤモンド」で検索ください。  BOOK☆WALKER

JPY ¥324
「まだまだ親は元気だし、介護の心配はない」──。 そう考える子は多いだろう。 しかし、介護は突然やって来る。 いざ介護が始まれば、「誰が面倒を見るのか」「費用は誰が負担するのか」「どこで介護をするのか」など、 さまざまな問題で親族がもめるケースは多い。 事前の準備や心構えができていれば、 将来“その時”が来ても、「何をしたらいいのかわからない」という事態は避けられる。 まずは、しっかり親を観察し、介護の話をするところから始めよう。 『週刊ダイヤモンド』(2013年12月14日号)の第1特集を電子化したものです。 雑誌のほかのコンテンツは含まれません。 *本誌の電子版も販売しています(最新号は毎週月曜日配信)。 詳しくは「週刊ダイヤモンド」で検索ください。  紀伊國屋書店ウェブストア

JPY ¥1,672
避けられない親の「老い」……いずれ直面する介護問題を少しでもラクにする「介護の基礎知識」要介護と要支援の違いから、介護を始めるために必要な手続き、介護をラクにする制度の利用方法まで……地域包括支援センターを統括するベテラン医師が分かりやすく解説。------------------------------------------------------親がまだ若くて元気だと、介護なんてまだまだ先のことだと考えてしまいがちです。しかし、認知症の発症や転倒による骨折、入院といったことがきっかけで、ある日突然介護が必要になるということは、決して珍しい話ではありません。日本では介護の負担を減らす助けとなる制度が充実していますが、いざというときにそれらを適切に利用するためにも、利用できるサービスの種類や手続き方法などを知っておく必要があります。本書では、いままさに親の介護問題に直面している人はもちろん、いずれ訪れるその時に備えておきたい人に向けて、役立つさまざまな「介護の基礎知識」を紹介します。 著者は地方都市でリハビリテーション病院の院長を務めるかたわら、地域包括支援センターを統括する理事長として、地域の高齢者が住み慣れた場所で安心して暮らし続けられるサポートをしています。その経験を活かし、介護が必要になった際に家族がとるべき行動や、受けることのできる支援、サービスにはどのようなものがあるのか、地域包括支援センターがどのようにして高齢者やその家族を支援するのか、さらにその際の相談先や手続きについてなど、実際にあったケースをふまえて詳細に分かりやすく解説しています。 大切な親と、自分自身の人生を守るために―親の介護を担う人が向き合う不安や困難に解決の道を示してくれる一冊です。  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,760
「介護」を乗り切るカギは「自己申告」と「情報収集」!●昨日まで元気だった親が、突然入院! まず、何をすればいい? ●もうすぐ退院。これから初めての介護生活 ●介護サービスや施設の種類が多くて、よくわからない ●親の医療費・介護費は、親の貯蓄でまかなえる? ●父親の介護で、母親まで倒れそう… ●遠方に暮らしているけど、直接介護をしている親兄弟をサポートしたい ●仕事と介護の両立が厳しいけど、無理をするしかない? ●在宅介護もそろそろ限界。施設入所も考えはじめた ●遠距離介護中だけど「親を一人にするな」と親戚からプレッシャーが… ●ひどい施設や介護スタッフの報道を見て不安になった ●一人っ子だから、両親が元気なうちに介護のことを考えておきたい入院・介護で家族が担う役割は、必要な「情報」を集め、ケアの「方針」や「費用」を検討して、サービスを受けるための「申請・契約」をすること。本書では「短期的戦略・中期的戦略・長期的戦略」に分け、あなたが「いま」知るべきことを、わかりやすく紹介します!※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。 ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。 ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。 ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。  紀伊國屋書店ウェブストア

JPY ¥1,760
「介護」を乗り切るカギは「自己申告」と「情報収集」!●昨日まで元気だった親が、突然入院! まず、何をすればいい?●もうすぐ退院。これから初めての介護生活●介護サービスや施設の種類が多くて、よくわからない●親の医療費・介護費は、親の貯蓄でまかなえる?●父親の介護で、母親まで倒れそう…●遠方に暮らしているけど、直接介護をしている親兄弟をサポートしたい●仕事と介護の両立が厳しいけど、無理をするしかない?●在宅介護もそろそろ限界。施設入所も考えはじめた●遠距離介護中だけど「親を一人にするな」と親戚からプレッシャーが…●ひどい施設や介護スタッフの報道を見て不安になった●一人っ子だから、両親が元気なうちに介護のことを考えておきたい入院・介護で家族が担う役割は、必要な「情報」を集め、ケアの「方針」や「費用」を検討して、サービスを受けるための「申請・契約」をすること。本書では「短期的戦略・中期的戦略・長期的戦略」に分け、あなたが「いま」知るべきことを、わかりやすく紹介します!※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。  BOOK☆WALKER

JPY ¥880
出版社 文藝春秋 著者 石川結貴 内容: ただでさえ大変な親の介護。それが自分を虐待した「毒親」だった場合、子はどうするべきか。当事者たちが語る壮絶な現状をレポート。  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥3,663
ベストセラー「スッキリ」「キッパリ」のマンガ家上大岡トメさんが、超高齢社会&介護未体験ゾーンに突入! 今何をするべきなの 「お母さんとお父さん、この頃、なんか老けた」と思ったら、 今すぐ読んでほしい1冊! ! ●「いま、親に何かあったら、どうしよう」超高齢社会で長生きしても、最期の数年は不健康である場合が多い。 漠然と不安を持っている方に、「親の介護とお金」の超入門の本。 ●マンガ家の上大岡トメさんは、離れて住む両親の体がだんだん衰えてきてたけれど、具体的な行動に移せないでいたところ、 ある日、出版社からメールが。 「トメさん、離れて住む親の介護の本を作りませんか」 「やります、やります、やらせてください! 」 ●具体的に何をしたらよいのかトメさんの「親の介護とお金」の不安を、介護問題にもくわしい、 ファイナンシャルプランナー黒田尚子先生に、聞いて疑問をマンガでズバリ解決。 ●介護の先輩たちの具体的な体験談や豊富なアドバイスも必見。 ●親の家の片づけ、介護制度、親のお金・資産の管理、入院や医療費、介護と仕事の両立、 遠距離介護、きょうだいともめないコツ、エンディングノート、終末医療の  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥880
自分を傷つけたり、勝手な言動を繰り返してきた親が老いたとき、子どもはどうすればいいのか。どれほどひどい親でも子どもにとっては唯一無二の存在だ。高齢の毒親を介護する人たちの実態を報告し、そこに希望はあるのかを探る。  セブンネットショッピング

JPY ¥850
親や家族の介護、自分の老後の不安を解消! 介護は誰にとっても他人事ではありません。親のこと、家族のこと、そして自分の将来のこと…。介護って大変と漠然とした不安を抱えている人は多いと思います。 しかし、いざ、介護に直面するまでは、公的な介護保険制度についてよく知らない人が多いのも現実。要介護申請をするタイミングを逃さず、適切な時期に介護支援を受ければ、長く自立した生活を送ることもできるのです。 介護で困らないためには、介護にまつわる正しい知識と情報を得ることが大切。そして、人生100年時代を迎えたいま、健康寿命をいかに長くするかが大きなテーマです。 女性セブンでは、介護の基礎知識やサービスの種類、高齢者住宅についてのわかりやすい記事、いつまでも元気でいるため健康術、食事法など記事をムックにまとめました。 さらに、小池百合子東京都知事への独占インタビューや結城アンナさんが明かす「親の介護」、米寿を迎えた高木ブーさんと娘・かおるさんのスペシャル対談では、元気の秘訣を大公開!料理研究家として生涯現役で活躍し、96才でその人生の幕を下ろした“ばぁば”こと鈴木登紀子さんが、遺した金言を収録するなど読み応えのある企画が満載。 【編集担当からのおすすめ情報】 気になる親の介護や自分の老後。介護はいつから必要?漠然とした不安や介護中の困りごとに、最新の役立ち情報や、いつまでも元気で快適に暮らすための健康法、食事法、住まいの工夫などをご紹介する介護読本です。小池百合子都知事が語る「母との最期の日々」、結城アンナさんインタビュー、米寿を迎え益々元気な高木ブーさん父娘スペシャル対談など読み応えのある内容!  セブンネットショッピング

JPY ¥770
そろそろ高齢期の親のことが気になりだした人へ。超高齢社会の出現によって、要介護者が増加して介護期間も長期化するなど、介護ニーズはますます増大している。介護する家族の高齢化など、高齢者を支える側も様変わりする中、これからは、子が親を支えると同時に、親自身も自分を支える準備をすることが大切になる。親子が共倒れにならないために、バランスをとりながら依存しない関係を築くことが求められている。認知症や介護に対する心構え、住まいや資産、家計の管理、相続や葬儀、お墓についての備え…。「親の老後」の悩み、すべて解決します。  セブンネットショッピング

JPY ¥1,540
リスクや不安を小さく抑えるため早く「気づいて」早めに「対策」!「母親の様子が、なんか最近おかしい気がする…」「亡くなった祖母が認知症だったけど、うちの父は大丈夫かな」離れて暮らす親が、心配になることがあります。ですが、本人を前にしてその不安を口にしたところで、否定されるかケンカになるか、あるいは親も不安にしてしまうか、のいずれかでしょう。といって、このまま何もせずにいて、よいでしょうか。答えは当然NOです!自分にも親にもまだ余裕があるうち、少しでも早く準備しておくほど、それが遠くない未来に返ってきて自分と家族の生活を守ることにつながります。本書は、経験豊富な著者が、実際に「親と離れた認知症介護」の中で培った次のようなノウハウを皆様に伝授する本です! ・まず考えること、やるべきこと ・頼りたい制度・窓口・専門職 ・認知症介護にかかるお金 ・見守り介護をラクにするツール ・考えておくべき親の亡きあとすべて著者が実践したものだからこそ、重みがあります。一つでもお役に立てる情報が必ずあります!★★こんなあなたは要チェック!★★□ 親の様子がなんだかおかしい……。まずは何をすればいい?□ 認知症と診断された。これから離れて暮らす介護が始まる……。□ 遠距離での不安や心配を少しでも減らしたい□ 親の医療費や介護費はどれくらいかかる? 親の年金でまかなえる?□ 安心して見守ることのできるサービスやツールがあるなら知りたい!□ いま知らないと、亡くなった後に大変になるってどんなこと?※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,650
ついにやってきた親の介護…同居? 仕事を辞める? お金はどうする?最強の介護チームでいまの生活と介護をムリなく両立させよう!■親の入院・介護は突然やってくる親が倒れた、認知症の疑いがある、親の入院や介護は突然やってきます。何をすればよい? 手続きはどうするの? 介護保険制度ってなに?そういった疑問について、マンガやイラストを豊富に使用しながら、わかりやすく解説した1冊です。■全部自分で抱え込むのではなく、最強の介護チームをつくる!「親の介護はできるだけ自分がやりたい」「遠方の親を呼び寄せて同居すべき?」「仕事をやめなければいけない?」そう考える人は多いかもしれません。しかし、いまの生活と親の介護は両立させることが可能です。本書では、プロによる介護サービスを利用しながら、最強の介護チームをつくる方法を紹介。親も自分もムリのない介護のために必要な情報、アドバイスが満載です。  セブンネットショッピング

JPY ¥1,089
「年をとるにつれ、いっそう実家のものが増えている気が……。 片づけてほしいと言っても聞いてくれません」(48歳・女性) 「いつも何かにイライラし、家族に八つ当たり。正直会いたくありません……」(52歳・女性) 「離れて暮らしているため、何かあってもすぐ駆けつけることができません。 どうやって万が一に備えておけばいいのでしょうか」(60歳・男性) 親の老後には、クリアしなければならない課題が山積! 介護に、終活に…と親の老いに伴って降りかかる様々なミッションに翻弄されて、ストレスを抱える人は多い。 譲らない親と子、お互いに消耗しないための作戦を提案する本書。 もめない介護のヒントや、介護に役立つ情報も満載! 親の老いが不安、介護のある日常に疲れが溜まってきたなという方は必読!  BOOK☆WALKER

JPY ¥4,070
肉体的にも、精神的にも、経済的にも共倒れしない! 大介護時代を乗り切る、待望の第3版! ある日突然、親が入院! あっという間に退院、そして介護! 「介護」は急にやって来ますが、「情報収集」と「自己申告」が基本なので、 自分から動かなければ事態は何も進みません。 本書では、「親の入院・介護」に必要な知識を 「短期的戦略→中期的戦略→長期的戦略」と 時系列に分けてわかりやすく紹介。 制度の仕組みや手続き、サービスや施設の種類や費用、 専門職とのやりとり、家族の役割分担、仕事や子育てとの両立…… 「いま知りたいことが、すぐに読める」 「次に何をやるべきかがわかった」など、 忙しい中で介護に追われる方々から好評を得ています。 第3版では、最新の法制度に対応するとともに 「顔も見たくない親の介護」「きょうだいリスク」 「親の介護は子の義務?」「ヤングケアラー」など 昨今の事象についても取り上げています。 介護をマネジメントして、自分の心や生活を守るための知識が詰まった1冊です。 【初版・第2版の読者の声】 「一人暮らしの親が倒れたときに、知りたいことがすぐに読めて助かった」 「今後に備  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥1,772
親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥3,821
(中古品)親の介護には親のお金を使おう ??あなたを救う7つの新ルール??  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥1,980
(中古品)親が認知症?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥935
「親に認知症の疑いがみられたら?」「医療費・介護費がふくれあがって限界に…」 「遠距離の親が入院、どうみればいいか」 「同居を頼まれたらどうする?」 「何もしてくれないきょうだいに、どうすればいいか?」――ある日、突然やってくる親の介護。 選択を間違えると、介護破産、介護離婚、きょうだいと絶縁、といった、人生の不幸を招きかねない。 そこで、自分の人生も大切にしながら、介護を進めるために必要な情報のエッセンスをイラストと図解入り、見開き4ページ展開でやさしく解説する。介護保険申請のプロセス、介護保険のサービス内容、医療費の軽減制度について、地域包括支援センターとのつきあい方、高齢者施設選びのポイント、役立つ「介護家計簿」の付け方など、すぐに使える実用情報だけではなく、何かと甘えてくる親をどうするか、口うるさい親戚にどう対応すればいいかなど、介護初心者が悩みがちなシーンの心構えについても伝授する。  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,386
仕事に恋に、きらめく絶頂期に介護が突然やってきた! 未婚・独身・一人っ子の“パラサイトシングル”が一転、両親介護に立ち上がる……! 仕事に恋に邁進していた日々に、突然訪れた「両親介護」。 自由気ままに、シングル・実家暮らしを謳歌していた著者が一転、親に「パラサイト」される側に! 入院・転院の繰り返しや介護サービスの導入、“下の世話”やお風呂の介助などなど、次々と立ちはだかる問題にトライ&エラーを繰り返しながら、介護する方も、受ける方も、心身がすり減ることのない介護術を探っていく。 “介護あるある問題”に奮闘するエピソードや解決策をまとめた、実践にも役立つ介護エッセイ。 介護現場に詳しい認知症専門医・石原哲郎氏による、親の介護の不安にこたえるコラムも収録。 「突然、親の介護生活が始まった」「これから始まりそう…! 」という人にも、役立つ知恵が満載の1冊!  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,000
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。“頑張る”だけでは行き詰まる!介護で心が折れないための りんこ流10の提言!難病に罹患した母の介護に振り回され続けた著者が、自身の介護生活を振り返り「介護者へこれだけは絶対に伝えておきたい!」という10のメッセージを掲載。これから介護を始める人はもちろん、現在介護奮闘中の人にも、胸にストンと落ちて介護生活を前向きに変えるためのヒントが満載です。【目次】★其の1:介護の沙汰も「金次第」。 ~まずは使えるお金を確認するため親族会議を開きましょう★其の2:やるべきことは「自己申告」と「情報収集」。 ~待ってるだけでは何も動かないのが介護です★其の3:介護がはじまると「心ない人たち」にぶち当たる。 ~介護をしたことのない人ほど上から目線でモノを言ってきます★其の4:介護の日々は親への「恩」と「怨」の間で揺れ動く。 ~親の死を願ったとしても自分を責める必要はありません★其の5:介護の世界は「ゴネた人」だけ救われる。 ~変なプライドは捨てましょう。助けてもらえるのは訴え続けた人だけです ★其の6:「お年寄り+入院=ボケ」は介護生活でのお約束。 ~それまで普通だったのに入院して具合が悪くなる高齢者は多いです★其の7:「延命治療」の要否は親が元気なうちに決めておく。 ~親がどんな最期を望んでいるのか逃げずに話し合っておきましょう★其の8:想像以上に過酷だった「尊厳死」の現実。 ~理想の最期を追求するためには覚悟が必要です★其の9:相続が「争族」に変わるのは遺産の額とは無関係。 ~親が亡くなった後には膨大な手続き作業が待っています★其の10:母の介護から学んだ「受け入れる」ということ。 ~意地の介護にはならないで! 私が子どもたちに願っていることです〔著者〕鳥居りんこエッセイスト、教育・子育てアドバイザー、受験カウンセラー。1962年生まれ。2003年、『偏差値30からの中学受験合格記』(学研)がベストセラーとなり注目を集める。執筆・講演活動を通じて、わが子の子育てや受験、就活に悩む母親たちを応援しているが、近年は介護問題について実体験を踏まえたアドバイスも行っており、2015年に『鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ』、2018年に『親の介護をはじめたらお金の話で泣き見てばかり』(いずれもダイヤモンド社)を出版。その活躍のフィールドを広げている。近刊に『神社で出逢う私だけの守り神』(企画・構成 祥伝社)、『1日誰とも話さなくても大丈夫 精神科医がやっている猫みたいに楽に生きる5つのステップ』(取材・文 双葉社)がある。※予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,518
親の老いを感じたら備えておきたい、介護のあれこれ1冊にまとめました!  セブンネットショッピング

JPY ¥825
【電子書籍特別付録:対談「介護は、先進国オランダに学べ!」収録】親の介護は切実な問題だが、深刻な問題だけに、どうしても目を背けがち。その結果、突然、年老いた親が介護が必要になる局面になってから、家族は否応なく怒濤の介護生活に突入する。介護の悲劇を避けるには、必ず訪れる「その日」の前に、準備をしていく以外に方法はない。ありそうでなかった、家族のための「介護の教科書」。  紀伊國屋書店ウェブストア

JPY ¥825
【電子書籍特別付録:対談「介護は、先進国オランダに学べ!」収録】親の介護は切実な問題だが、深刻な問題だけに、どうしても目を背けがち。その結果、突然、年老いた親が介護が必要になる局面になってから、家族は否応なく怒濤の介護生活に突入する。介護の悲劇を避けるには、必ず訪れる「その日」の前に、準備をしていく以外に方法はない。ありそうでなかった、家族のための「介護の教科書」。  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,540
『週刊新潮』の「TVふうーん録」コラムニストでフジテレビ「Live News it !」コメンテーターの吉田 潮さんが多くの中高年が直面する「親の介護」問題。自分の父が「認知症」となった体験をもとに、本音で書き下ろしました。親を愛すればこそ「介護疲れ」につながる矛盾と真摯に向き合い、著者は、一つの「答え」を導き出しました。2018年の春、認知症の父を特養老人ホームに入れました。ものすごくラッキーで、ものすごく速攻でした。でもそこに至るまでの数年間、苦しんだのは老々介護の母でした。「母を救いたい」と思ったのが、ホーム入居のきっかけでもありました。私は在宅介護をしません。一切いたしません。介護される父の姿をみて、母の姿をみて、心に決めていました。実は、ホームヘルパー2級の資格も持っています。十数年前に興味本位でとりました。 でも、これを生業にしようとは思いませんでしたし、今も思っていません。やはり介護はプロに任せた方がいい。老人ホームの問題は多々あるようですが、まだ入り口に立ったばかりなので、実情はわかりません。そこはこれから長い付き合いになっていくのだろうな、と思っています。妻や子供が介護をするのが親孝行ってもんだろう、と言われても、私は違うと思います。家族の介護には限界がある。儒教の国の日本では、介護に関して、「罪悪感」が大きい。介護と親孝行--いかにしてその罪悪感を減らすか、なくすかが課題だと思うのです。親孝行か自己犠牲か、理想と現実の葛藤のドラマ。老いた両親を持つ子供として介護とどう向き合い、どう取り組むべきなのか。「優しさ」が「苦しさ」に変わる機微を捉えた本書が無理をせずに、持続性ある介護のあるべき姿のヒントになると思います。当代随一の本音コラムニストが、家族との関わり方について独特の感性で認知症の父、母、姉と自分の家族のドラマを笑いあり、涙あり、時に愛や憎しみもある実例として描きました。  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,650
その時、家族がすべきことは何か?「親の介護に直面した時にすべきこと」「介護休業中は介護してはいけない」「在宅生活か高齢者住宅か」「素人高齢者住宅の見分け方」?介護休業の取り方と使い方、介護施設の選び方まで、現場と制度を知り尽くした介護のプロフェッショナルがやさしく指南。  セブンネットショッピング

JPY ¥1,650
介護予防のポイント、生活環境の整え方、介護サービスの利用法など、介護のあれこれを猫にたとえて楽しく解説しました。しんどい親の介護が、愛猫のお世話みたいに愛しくなる!その介護の心配事、猫が解決法を教えます。現役ケアマネジャーによる新感覚の介護本。  セブンネットショッピング

JPY ¥759
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。親や家族の介護、自分の老後の不安を解消! 介護は誰にとっても他人事ではありません。親のこと、家族のこと、そして自分の将来のこと…。介護って大変と漠然とした不安を抱えている人は多いと思います。 しかし、いざ、介護に直面するまでは、公的な介護保険制度についてよく知らない人が多いのも現実。要介護申請をするタイミングを逃さず、適切な時期に介護支援を受ければ、長く自立した生活を送ることもできるのです。 介護で困らないためには、介護にまつわる正しい知識と情報を得ることが大切。そして、人生100年時代を迎えたいま、健康寿命をいかに長くするかが大きなテーマです。 女性セブンでは、介護の基礎知識やサービスの種類、高齢者住宅についてのわかりやすい記事、いつまでも元気でいるため健康術、食事法など記事をムックにまとめました。 さらに、小池百合子東京都知事への独占インタビューや結城アンナさんが明かす「親の介護」、米寿を迎えた高木ブーさんと娘・かおるさんのスペシャル対談では、元気の秘訣を大公開!料理研究家として生涯現役で活躍し、96才でその人生の幕を下ろした“ばぁば”こと鈴木登紀子さんが、遺した金言を収録するなど読み応えのある企画が満載。※この作品はカラー版です。  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,210
迫りくる2025年問題働き盛りの介護リスク、どう備えますか?岸田政権「骨太の方針2023」にも入った「ビジネスケアラー」問題に迫った1冊「ビジネスケアラー」とは「働きながら介護をする人」「仕事と介護の両立をする人」の意味です。・すでにビジネスケアラーは8人に1人(50~54歳)・2025年以降、団塊世代800万人に要介護者が急増・介護の予測コストは1人約1200万円・介護期間は約10年(男性8.7年/女性12.1年)・少子化、共働き化で家族介護の担い手不足・介護離職が「増える」と回答の企業71%少子高齢化が進む日本で、「仕事と介護の両立」問題は、個人の問題であるとともに、日本社会全体の問題でもあります。仕事と介護の両立支援サービスのトップ企業、株式会社リクシスCSO酒井穣氏が、「ビジネスケアラー」問題について今後の指針を示します。「そろそろ親の介護が…」という人はもちろん経営者・管理職・人事担当者も必見!<目次>第1章 ビジネスケアラーの新・常識第2章 仕事と介護はこう両立させる第3章 介護と肯定的に向き合う本書は2018年1月に小社より出版された『ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由』を大幅に加筆修正した新版です。  BOOK☆WALKER

JPY ¥990
「本当は一緒に暮らしたくなかったのよ」子を想う親の心の声、あなたの胸に届いてますか?遠方で暮らす母親、頑固オヤジと独身息子、現場の実態に苦悩するヘルパー、介護の犠牲になる子供、誰もが経験し、避けては通れない親の老いと死。介護の理想と現実の狭間で揺れ動く家族の本音をリアルに、そして、あたたかく描いた感動作。■遠距離介護東京で暮らす60代の夫婦。妻は遠方で暮らす80代の両親の介護のため、頻繁に実家を訪れる。長距離移動は精神的にも肉体的にもキツく、さらにバカにならない交通費に頭を悩ませる。■頑固オヤジと独身息子40代の独身息子はリストラにあい、次の職を探すまでの間、要介護状態のひとり暮らしの父親と同居することに。父親には愚痴を言われ、近所からは「父親の年金目当てに同居した経済的虐待だ! 」と噂され…。■ヘルパーの苦悩新人ヘルパー松本は、これからの超高齢社会に必要とされているヘルパー職に、誇りを持って臨んでいる。でも、ある利用者の下の世話をしている時に、「自分の娘や孫には、こんな仕事をさせたくない」と言われ、あらためてヘルパー職の地位の低さを痛感する。■子供の気持ち子育て、仕事、親の介護、すべてをうまくやりくりしているつもりだった…。フリーランスで仕事をしている夫婦に訪れた両親の介護問題。介護にかかりきりで母親との時間を持てなくなった子供たちは、  セブンネットショッピング

JPY ¥1,276
●認知症になると財産が凍結されるって知っていますか? 「親の介護には親の貯金を使えばいい」と、たかをくくっているあなた。そう簡単にはいきません。親が認知症で判断能力を失い、財産が凍結されてしまうと、預貯金は下ろせないし、実家も売ることができなくなります。親の生活費から介護費用、介護施設への入居金まで、全てが子の負担となります。介護破産は他人事ではありません。資産の凍結を回避し、親が貯めた「万一の備え」を親自身が使う、いちばん賢い“財産管理・相続”の方法が、本書でご紹介する「家族信託」です。今後、65歳以上の5人に1人が認知症になると言われる今、絶対知っておくべき資産防衛術。  紀伊國屋書店ウェブストア

JPY ¥1,540
大介護時代を乗り切る、待望の改訂版!福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を「短期的戦略→中期的戦略→長期的戦略」と時系列に分けてわかりやすく紹介。制度の仕組みや手続き、サービスや施設の費用、専門職とのやりとり、仕事や子育てと介護の両立……など、「いま」知りたいところから読めます。法制度の改正に対応するとともに、「顔も見たくない親の介護」「きょうだいリスク」など新たな項目を追加し、充実の第2版です。●旧版の読者の声●「突然、高齢の親が入院して不安でいっぱいの時、どこに相談すればよいかがわかってすぐに行動できた」「介護保険の申請、ケアマネ探しなど順を追って解説されているので先の見通しが立てやすかった」「介護サービスに否定的な親を説得する時に、本に書かれていた事例を真似してうまくいった」「本書でケアマネジャーは変更可能と知って、思い切って変えることにした」…etc.※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,540
大介護時代を乗り切る、待望の改訂版! 福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、 自分から動かないと事態は何も進みません。 親の入院・介護に直面した時に必要な知識を「短期的戦略→ 中期的戦略→長期的戦略」と時系列に分けてわかりやすく紹介。 制度の仕組みや手続き、サービスや施設の費用、専門職とのやりとり、 仕事や子育てと介護の両立……など、「いま」知りたいところから読めます。 法制度の改正に対応するとともに、「顔も見たくない親の介護」 「きょうだいリスク」など新たな項目を追加し、充実の第2版です。 ●旧版の読者の声● 「突然、高齢の親が入院して不安でいっぱいの時、 どこに相談すればよいかがわかってすぐに行動できた」 「介護保険の申請、ケアマネ探しなど順を追って解説されているので 先の見通しが立てやすかった」 「介護サービスに否定的な親を説得する時に、 本に書かれていた事例を真似してうまくいった」 「本書でケアマネジャーは変更可能と知って、思い切って変えることにした」…etc. ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。 ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。 ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。 ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。  紀伊國屋書店ウェブストア

JPY ¥4,625
(中古品)弁護士 外岡潤が教える親の介護で困った時の介護トラブル解決法  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥4,625
(中古品)弁護士 外岡潤が教える親の介護で困った時の介護トラブル解決法  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥3,892
(中古品)親の介護、それでも人生思い通り ?ちょっと待った、その介護離職?  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥935
ある日突然やってくる親の介護。「自宅でみるか施設を考えるか」「誰のお金を使うか」「遠距離の場合どうするか」等、選択を間違えると、介護離婚や介護破産など「自滅」を招くことになりかねない。介護保険申請のプロセスから施設の選び方、きょうだいや親戚との付き合い方まで、実用情報と心がまえを、やさしく解説する。  セブンネットショッピング

JPY ¥660
歩けなくても、ボケてしまっても、母は「本気」で生きている――。ふいな事故がきっかけで母親の脚が不自由になり、さらには認知症も発症! 在宅介護、要介護認定の取得、デイ・ショートサービスの利用…母親の介護を通して“親の幸せ”と“後悔しない最期”を考え、「介護は誰のためにあるのか」を問いかける、大注目コミックエッセイ・下巻!!  紀伊國屋書店ウェブストア

JPY ¥660
歩けなくても、ボケてしまっても、母は「本気」で生きている――。ふいな事故がきっかけで母親の脚が不自由になり、さらには認知症も発症! 在宅介護、要介護認定の取得、デイ・ショートサービスの利用…母親の介護を通して“親の幸せ”と“後悔しない最期”を考え、「介護は誰のためにあるのか」を問いかける、大注目コミックエッセイ・下巻!!  BOOK☆WALKER

JPY ¥1,518
ご注文後のキャンセル・返品は承れません。 発売日:2022年07月/商品ID:5488549/ジャンル:DOMESTIC BOOKS/フォーマット:Book/構成数:1/レーベル:ソーテック社/アーティスト:浅井郁子/アーティストカナ:アサイ イクコ/タイトル:突然の介護で困らない!親の介護がすべてわかる本〜高齢の親を取/タイトルカナ:トツゼン ノ カイゴ デ コマラナイ オヤ ノ カイゴ ノ スベテ カ  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥2,463
(中古品)親が倒れた親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第3版  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥4,074
(中古品)親が倒れた 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥792
「本当は一緒に暮らしたくなかったのよ」子を想う親の心の声、あなたの胸に届いてますか? 遠方で暮らす母親、頑固オヤジと独身息子、現場の実態に苦悩するヘルパー、介護の犠牲になる子供…。誰もが経験し、避けては通れない親の老いと死。介護の理想と現実の狭間で揺れ動く家族の本音をリアルに、そして、あたたかく描いた感動作。  BOOK☆WALKER

JPY ¥777
「本当は一緒に暮らしたくなかったのよ」子を想う親の心の声、あなたの胸に届いてますか? 遠方で暮らす母親、頑固オヤジと独身息子、現場の実態に苦悩するヘルパー、介護の犠牲になる子供…。誰もが経験し、避けては通れない親の老いと死。介護の理想と現実の狭間で揺れ動く家族の本音をリアルに、そして、あたたかく描いた感動作。  紀伊國屋書店ウェブストア

JPY ¥1,518
発売日:2022年07月 / ジャンル:実用・ホビー / フォーマット:本 / 出版社:ソーテック社 / 発売国:日本 / ISBN:9784800730299 / アーティストキーワード:浅井郁子   内容詳細:親の老いを感じたら備えておきたい、介護のあれこれ1冊にまとめました!目次:1章 親が倒れた、発熱した!突然の事態が起こったとき/ 2章 介護保険を申請する/ 3章 自宅で利用できる介護保険サービス—在宅介護/ 4章 介護保険以外のサービスを知る/ 5章 老人ホーム(高齢者住宅・介護施設)に入居する/ 6章 介護態勢を整えるために知っておきたいこと/ 7章 気になる介護とお金のこと/ 8章 介護と仕事の両立を目指す/ 9章 認知症ケアが必要になったら/ 10章 医療との連携と看取り  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥380
■商品コンディション:B:良好 ■特記事項:なし  SKU H0280B220505-076  親の介護は9割逃げよ: 「親の老後」の悩みを解決する50代からのお金のはなし (小学館文庫プレジデントセレクト)  黒田 尚子(著)/小学館 文庫 309 ページ/2018年02月06日発行 ISBN 4094700218 0136 ※商品画像はサンプルです。帯が写っていても無い場合、カバーデザインが異なる場合があります。スマホで購入の場合「商品説明をもっと見る」を必ず確認下さい。#  ■解説:高齢期の親のことが気になりだした人へ    超高齢社会の出現によって、要介護者が増加して介護期間も長期化するなど、介護ニーズはますます増大している。介護する家族の高齢化など、高齢者を支える側も様変わりする中、これからは、子が親を支えると同時に、親自身も自分を支える準備をすることが大切になる。親子が共倒れにならないために、バランスをとりながら依存しない関係を築くことが求められている。 認知症や介護に対する心構え、住まいや資産、家計の管理、相続や葬儀、お墓についての備え……。「親の老後」の悩み、すべて  Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

JPY ¥1,300
もし明日、親が倒れたら――。親の老いからは極力目をそらしていたいものですが、その日はいつか必ずやってきます。一言に「老い」といってもその内容や進行のスピードは人それぞれで、身体が一気に衰えることもあれば、認知症などじわじわ進行し、気づいたときにはひとりにしておくのが危なくなるような場合もあります。近くに住んでいても、遠く離れて暮らしていても、親の介護に際して子供にかかる苦労は変わりません。著者は、「どんな場合でも、自分の仕事を辞めたり、自分の人生をあきらめて親の介護に集中することは絶対に勧めない」としています。介護は何年続くかわからない旅であり、親御さんが亡くなっても、あなたの人生は続くからです。では、どうすれば自分の人生をあきらめず、親と双方の幸せを目指せるのか。本書では介護保険から成年後見人制度、利用できる便利なたくさんのサービスについて、1冊で概要がわかるよう紹介します。  BOOK☆WALKER