JPY ¥5,280
枕営業(まくら)なしで堂々とNo.1になってよ 一花咲かせようと田舎から上京してきた令(レイ)。ホストになったはいいものの枕営業のしすぎで同業に目をつけられ逃亡、力尽きた先はラブホ街裏の古びたホテルの前。 運よく拾ってもらったホテルで働くもオーナーが突然腹上死、またもや路頭に迷いそうになったレイだったが行き場を無くした訳アリ従業員達と一か八か“ウリホモ”ホテルマン・和(ニキ)が発案した儲け話に   HMV&BOOKS online


JPY ¥3,122
ザ・ラブホ盗撮 ラブホテル従業員が手引きした!!   Honya Club.com


JPY ¥660
地図上のマークから、かつては「さかさくらげ」と呼ばれたこともある。それが「連れ込み旅館」となり、「ラブホテル(ラブホ)」、さらには「ブティックホテル」とか「ファッションホテル」とまで呼ばれるようになった。呼称が女性に優しくなってゆくのに準じて、主導権も女性が握るようになってきたらしい。本書はラブホが林立する東京新宿・歌舞伎町に潜り込んで、その昼と夜、働く人々、出入りする客をスケッチした貴重な記録だ!第1章 歌舞伎町・高級「ラブホテル」に潜入第2章 従業員のグチとトラブル第3章 「韓国人を差別するな」第4章 女たちが書いた「ラブホテル」落書き帳第5章 韓国系金融機関の登場第6章 噂の「会長」を初めて見る第7章 会長の深き野望―歌舞伎町エリゼ宮通り第8章 ラブホテルの秘密‐金、娼婦、警察との関係―捨てられた引継ぎ帳から第9章 歌舞伎町の帝王・金田統一   Honya Club.com